ギガビッグマック 販売から1週手順

マクドナルドのギガビッグマック(下ギガマック)の売り出しから
週間が経過しもう人の活況も減ってきたかな!と、申し立ての話題に
味見してきました。(範囲により既に完売店が出始めてます)

ボクは朝めし除外の生計で、はや20時空きを過ごしてますので、
(昼食・夕飯の内どちらか)1食分のカロリーが、多過ぎると
釣り合いがひどく、出遅れる1つの原因になっています。

さて、ここからはギガマックのコメントです。
意外と容器ですが、黒やゴールドの配色がパット見目新しく、新商品と
してのアピールには結果を出だしてます。

雑貨の直感は、レタスがボロッボロこぼれ過ぎ。
(イートインもとうに1/4ほどが容器に散乱していて、笑いを誘います)

次に、味覚も何も変わりない結果、BIGな大きめマックという印象ですね。

白鵬関の「もう一度ビーフがあったら」というガイドラインを、ありのまま
取り入れたような「メガボリュームのバーガー」ですが、その「がたい・
重み」以外の強みが見つかりません。
(容器のボリュームはトレーには横並びで2個まで。3個だとはみ出します)

さて気になる、ギガマックのカロリーは…1034kcal (重み・カロリー
一気に大きめマック×約2個当たり。コメント通りの肉だけの上昇です)

ライバルのロッテリアの「うまミート5段重ねバーガー」が…984kcal
「合計のせバーガー」が…1352kcalと、双方と対比検証してみても好レクレーションです。

もしもこれが2004時に販売されていたら、フォト「スーパーサイズミー」の
スパーロックプロデュースは、さぞかし強烈なジャブの連打を喰らったです。

(1ヵ月寸法3食分、マック雑貨だけを食べ続け「係の者に勧められたら、
絶対に断らない」意図の力作でしたからね)

まぁ特に牛肉100百分比のパティで、生地もオーストラリアまたは
ニュージーランドという「マック最大の自慢」は今も顕在です。
(何度も食べ比べましたが…合挽肉のモスバーガーでは敵いません)

毎度思うことですが、ある程度題目性だけが先走る印象で、雑貨の品質が
伴っていないことは残念です。

本年アメリカでは「大きめマックの源」の売り出しが旅立ちされてます。
1瓶=5豪ドル(407円あたり)こんなスピンオフ(笑)は大賛成です。

最近では(バンズやチーズなどなど)根本特別「製作アトリエや生地を
明記した小パンフレット」が店内各所に置かれてます。

このように徹底するのならばなおさら、雑貨の品質にも執着心を
見せてほしいところです。断熱効果も防音効果も抜群!このサイトです。

ギガビッグマック 販売から1週手順